美白ケアする女性
ロート製薬の調査によると、35歳からはシミの増加速度は2.3倍にアップすることが分かったそうです。

大人のシミ、急増!シミの増加スピードは、年齢によって種類と速さが違うことを確認 | ロート製薬

美白ケアはシミができてしまってから始めるよりも、まだシミが顕在化していないうちに始めることが重要。

実際のところ美白化粧品は、できてしまったシミを消すよりも、シミの予防やシミを目立たなくすることが得意です。

アラサーのうちに美白ケアを始めることで、20年後・30年後の透明肌を目指しましょう。

美白ケア 3つのアプローチ

紫外線と大気汚染から肌を守る

女性の美白にとって最大の敵は紫外線。UV-AとUV-Bの2種類があり、UV-Aは肌の奥まで届いて肌に弾力を与えるコラーゲンやエラスチンにダメージを与え、シワやたるみの原因になります。

UV-Bは肌が赤くなる日焼け(サンバーン)を引き起こし、メラニン色素の生成を促進してシミのもとになります。どちらも日焼け止めでしっかりブロックすることが重要です。

春先に大陸から偏西風に乗ってやってくるPM2.5などの大気汚染物質も肌のストレスになります。肌に付着したPM2.5が刺激となって肌に炎症を起こすんですね。

日焼け止めや美容液の中には、PM2.5などの環境ストレスに着目したものもありますよ。

メラニンケア

紫外線を浴びるとメラニン色素が作られて肌が黒くなりますが、メラニン色素が作られるのは肌の防御反応。メラニン色素によって紫外線から肌を守るために作られるんです。

メラニン色素が作られても、通常は皮膚のターンオーバーによって肌の表面へと押し上げられ、最後は垢となってはがれていきます。

ターンオーバーがきちんと機能している健康な肌の場合は、こうして元の肌の色に戻るわけですね。

ところが大量に紫外線を浴びてしまった後や、加齢などの要因でメラニン色素の増加にターンオーバーが追い付かなくなると、メラニン色素が肌に沈着してシミやそばかすとして現れてくるんです。

メラニン色素を作るもとであるメラノサイトに働きかける美白化粧品で、メラニン色素が増加するのを抑制しましょう。

抗炎症ケア

シミのある部分には慢性的に炎症が起きています。炎症はメラニン色素を増やす原因になるだけではなく、シワやたるみといった肌の老化のもとにもなるんです。

だから30代を過ぎたら抗炎症ケアも重要になってくるんですね。

色々なケアをしないといけないので大変と思われるかも分かりませんが、最新の美白化粧品はこうしたケアを1つですべてやってくれるものがほとんどなのでご安心を。

美白有効成分の種類と効果

厚生労働省が美白効果を認めている代表的な「美白有効成分」には次のようなものがあります。

  • ビタミンC誘導体…メラニン生成の抑制、分解の促進
  • アルブチン…コケモモから抽出された成分。メラニン生成の抑制
  • コウジ酸…メラニン生成の抑制
  • トラネキサム酸…抗炎症効果によるメラニン生成の抑制
  • グリチルリチン酸誘導体…炎症防止によるメラニン生成の抑制

他にも様々な美白有効成分がありますが、美白化粧品を選ぶ時に重要なのは「成分」よりも「継続」できるかどうか。

安価な美白化粧品は効果がない、などということはありません。高価な美白化粧品を少しずつ使うよりも、安価な美白化粧品を毎日たっぷり使う方が効果は高いといえるんです。

価格のほかにも、テクスチャーや香りの好みも大切ですね。美白化粧品を選ぶ際には、自分が毎日気持ちよく使い続けられるかどうかを基準に選びましょう。

洗顔料・化粧水・美容液・クリームのどこかに美白化粧品を組み込むなら、美白有効成分の配合量が多い美容液やクリームを選ぶといいでしょう。

同じ美白化粧品を使い続けてみる

いくらを美白ケアをするようになっても、急にメラニンの生成を止めることはできません。美白化粧品を1本使いきったくらいでは、シミやそばかすが変化したという感じを受けられないことの方が多いのです。

メラニン生成を急に止めることはできませんが、「肌に透明感が出てきた」とか「肌色がイキイキしてきた」といった美肌効果は比較的早く効果が実感できるものです。

「なんとなく肌がきれいになったような感じがする」とか、「化粧乗りが良くなってきた」といった美肌効果の感触が得られたなら、そのまま2本目を使い続けましょう。

自分に合った「コレ!」といった美白化粧品を見つけて、じっくりと美白ケアに取り組んでいきましょう。