太陽と手 
紫外線アレルギーというのは、その名前の通り紫外線に対するアレルギー反応で、普通の人なら何ともない程度の紫外線を浴びることで、皮膚症状等が引き起こされる病気のことです。

日光過敏症・光線過敏症とも呼ばれ、他のアレルギーと同様にアレルゲン(紫外線・日光)に触れることでかゆみや湿疹が出ます。

ここでは紫外線アレルギーの症状、原因、対策法をご紹介します。
 

紫外線アレルギーの症状

皮膚

赤みやかゆみ、じんましんのような湿疹ができます。ひどい場合には水ぶくれになることもあります。

急性紫外線角膜炎:白目の部分に違和感や充血が生じます。

翼状片:黒目の部分に白目が伸びて侵入してきます。

体調

皮膚の赤みや湿疹などに続いて吐き気や頭痛、発熱等を生じる場合があります。

紫外線アレルギーの原因

遺伝によるもの

子どものころに紫外線アレルギーを発症した場合は、親からの遺伝が関係している可能性があります。

薬や化粧品

服用している薬、日焼け止めクリーム、湿布などが原因となり、そこに紫外線の要因が加わることで発症するものです。

突然発症する場合

蓄積した紫外線ダメージが、ある日突然紫外線アレルギーとして発症するものです。

紫外線アレルギーの治療

皮膚の赤みや湿疹などを放置すると、頭痛・吐き気などさらに症状が悪化する場合があるので、必ず病院を受診するようにしましょう。

すぐに病院に行けないときは、まず日焼けした部分・症状のある部分を冷やすようにします。

また紫外線による炎症で乾燥した肌には保湿が効果的です。ただし肌が敏感になっているので、少量を塗布して問題が無ければ全体に塗るようにしましょう。

紫外線対策が一番大切

紫外線アレルギーの対策には、紫外線対策(遮光)をしっかりすることで、紫外線を浴びないように予防することが一番大切です。

屋外

  • 長袖・長ズボン(UVカット機能が付いた服を推奨)
  • 手袋
  • 帽子
  • 日傘
  • サングラス
  • 日中の外出は日焼け止めクリーム&日焼け止めサプリメント

屋外ではこれらのアイテムを着用して、紫外線から身を守りましょう。また紫外線量の多い正午前後の外出は控えるのも大切ですね。

屋内

紫外線(UV-A)は窓ガラスを透過して室内にも侵入してきます。カーテンを閉める、窓ガラスに紫外線カットのフィルムを貼るなどで、室内の紫外線にも対策をしましょう。