洗面台で顔を洗う女性 
日焼け止めは紫外線から肌を守ってくれる女性の強い味方。でも塗った後はきれいに落とさないと、肌トラブルの原因にもなってしまいます。

一般的にはSPF値の低い日焼け止めなら、洗顔料だけで落とすことができます。

しかし海のレジャーなどで使われるSPF値やPA値の高い日焼け止めやウォータープルーフタイプのものは、普通の石鹸や洗顔フォームで洗っただけでは落ち切らずに肌に残ることがあるんですよ。

ここでは日焼け止めの正しいクレンジング方法をご紹介します。

日焼け止めが肌に残った場合の悪影響とは?

日焼け止めの中には紫外線吸収剤を使用しているものがあります。紫外線吸収剤は肌が敏感な人には刺激が強いため、肌へのダメージになることがあるんです。

また日焼け止めに含まれる油分が肌に残ると、それが酸化してニキビの原因になる可能性もあります。

日焼け止めの正しいクレンジング方法

日焼け止めは必要が無くなったらすぐに落とすのが正解。家に帰ったらできるだけ早く落とすようにしましょう。

  • 日焼け止めのパッケージの表示を見て、せっけんで落とせるものなのか、クレンジングが必要なものなのかを確認する。
  • クレンジングが必要なものであれば、日焼け止め専用のクレンジング剤を使用する。どうしても無い場合はメイク落とし用のクレンジング剤でも可。洗浄力が強いオイルタイプのクレンジング剤が良い。
  • 拭くだけで落とせるクレンジング剤は肌への刺激が強いので、洗い流すタイプのクレンジング剤がおすすめ。
  • 日焼け止めをしっかり落とそうとしてゴシゴシ肌をこするのはNG。却って肌を傷つける結果になることも。優しく丁寧にクレンジング剤を浸透させることが大切。
  • ぬるま湯で洗い流した後、肌に優しい低刺激タイプの洗顔料で優しく洗う。

クレンジングした後のスキンケア

洗顔後はしっかり保湿することが大切です。ただし化粧水や乳液のつけすぎは逆効果。必要最小限の量を使用するようにしましょう。

また顔だけでなく、体もボディローションやクリームで保湿することを忘れずに!