帽子をかぶった猫 
顔や腕、脚などの紫外線対策はバッチリという方でも、髪の毛や頭皮のUVケアとなると、特に何もしていないという方が多いのではないでしょうか?

でも髪の毛だって日焼けをするし、紫外線によるダメージがジワジワとたまっていきます。また頭皮はお肌の一部ですから、当然、紫外線による悪影響を受けるんですよ。

ここでは紫外線による髪の毛のダメージとはどんなものなのか、それを防ぐためにはどうすればいいのかという点についてご紹介します。

髪の毛を構成するたんぱく質がダメージを受ける!

髪の毛を構成しているのは主としてケラチンというタンパク質です。ケラチンタンパク質は18種類のアミノ酸が結合してできていますが、中でもシスチンというアミノ酸が多く含まれています。

シスチンというアミノ酸は「シスチン結合」と呼ばれる、システインというアミノ酸が2つ結合した形で存在していますが、紫外線はこの「シスチン結合」を分解してしまうのです。

「シスチン結合」が分解された結果、髪の毛のキューティクルがはがれて毛の内部が乾燥し、枝毛や切れ毛、裂け毛などが起きる原因になります。

また紫外線は髪の毛に含まれているメラニン色素(毛髪を黒くしている色素)も破壊するので、強い紫外線を浴びた後の髪の毛は赤茶色い、まさに“焼けたような色”になってしまうんですね。

日焼けを防ぐためのケアが大事!

こうした紫外線による髪の毛へのダメージは「光老化」という現象で、紫外線を浴びた時間や紫外線の強さに比例します。

髪は爪と同じ角化した=死んでしまった細胞です。髪の紫外線対策は、日焼けを防ぐケアと、日焼けをしてしまった後のケアの両方が必要ですが、死んだ細胞である髪には自己修復する力がありません。だから特に紫外線を防ぐためのケアが大事になってくるんですね。

日焼けを防ぐためのケアとして一番おすすめなのは、UVカット効果のある、スプレータイプの洗い流さないタイプのトリートメント。お出かけの前にさっとスプレーするだけで紫外線を防ぐことができるので、とってもお手軽・便利でいいですね。

また塗っても白くならない紫外線吸収剤が使われている、髪用の日焼け止めを使うのもいいでしょう。塗る時は髪の毛だけではなく頭皮にも塗るようにしましょう。

帽子や日傘を使うのも効果的です。帽子はつばの広さが7cm以上あるもので、UVカット加工されているものを選びましょう。

海水浴では特に注意が必要です。海水が付いた髪の毛は、浸透圧の関係で髪の内部の水分がどんどん外に出て乾燥がひどくなってしまい、そのまま紫外線を浴び続けると髪の毛はカラカラに。

海水が付いた髪の毛はこまめにシャワーで洗い流し、タオルで拭いてできるだけ早く乾かすようにすることが大切です。

日焼けをした後のケアは?

紫外線をたくさん浴びた後は、キューティクル保護効果のあるダメージケア用のシャンプーやトリートメントを使ってケアするようにしましょう。

頭皮が赤くなるような日焼けをした場合は、ビニール袋に水を入れたものや、保冷剤をタオルに巻いたものなどを患部に当てて、ヒリヒリ感や赤みが治まるまでよく冷やします。水ぶくれができたり炎症が鎮まらないような場合は、皮膚科を受診してくださいね。