真皮の構造
 
真皮は表皮の内側にあり、皮膚組織の大部分を占めています。ここでは真皮の構造や働きについてまとめています。
 

肌のハリ・弾力成分~コラーゲンとエラスチン

真皮の70%はコラーゲン線維(膠原線維)と呼ばれる、たんぱく質の繊維でできています。煮ると膠(ゼラチン)を生じることから、膠原線維と呼ばれています。

網目状に張り巡らされたコラーゲン線維の所々を、弾力性に富んだエラスチン線維(弾性線維)がつなぎ合わせて肌の弾力を保っています。

エラスチン線維は真皮の1~2%しかありませんが、肌のハリ・弾力に非常に重要な役割を果たしています。

肌にうるおいを与えるヒアルロン酸

コラーゲン線維などの周辺を埋めるように、基質(マトリックス)と呼ばれる、水分をたっぷり含んだヒアルロン酸などのゼリー状の物質が存在しています。

ヒアルロン酸は真皮の水分保持に非常に重要な働きをしており、肌の水分を保つ役割や、肌全体にうるおい・柔軟性をもたらす役割をしています。

コラーゲンなどを生み出す線維芽細胞

真皮の中には線維芽細胞と呼ばれる細胞が点在し、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作る働きや、古くなったコラーゲンなどを分解する働きをしています。

老化や紫外線の影響で線維芽細胞の働きが弱まると、コラーゲンなどの真皮を構成する要素の生産が滞ってしまい、肌の弾力やハリが失われてシワやタルミを引き起こすことになるんですよ。

その他の組織

真皮にはこの他、血管やリンパ管、皮脂腺、汗腺などの組織が存在しています。

血管は表皮への酸素や栄養の供給、皮脂腺・汗腺は皮脂や汗を分泌して皮脂膜という保護膜を作ったり、汗を出すことで体温を下げるなどの働きをしています。