シミってどうやってできるの?紫外線との関係は?

シミは女性にとっての大敵。いつまでもシミのない美肌でいたいものですが、シミってどうやってできるのでしょうか?またシミと紫外線との関係や、紫外線以外に注意しなければいけないシミの原因についても教えてください!

シミと言われるものの大半は老人性色素斑!

 

皮膚

 

シミというのは皮膚にできる茶色や黒っぽい斑点のことです。

 

通常シミと呼ばれているものは、医学的には次のようなものがあります。

 

シミの種類

原  因

老人性色素斑 主として紫外線
脂漏性角化症 紫外線・老化
炎症性色素沈着 ニキビやムダ毛処理の傷などによる炎症
肝斑(カンパン) 女性ホルモンのバランスの乱れ
雀卵斑(ソバカス) 遺 伝
花弁状色素斑 激しい日焼け

 

これらのうち、一般的にシミと言われているものの大半は紫外線の影響によって起こる老人性色素斑です。また上記のすべてのシミは紫外線によって悪化します。

 

シミのもとはメラニン色素!

 

シミのもとになっているのはメラニンという肌にできる色素です。メラニンという名前はきっとあなたも聞いたことがありますよね。

 

メラニンは肌の一番外側の、表皮の中の基底層というところにあるメラノサイトによって作られます。メラノサイトと言うのはメラニンの生成工場にあたるわけですね。

 

メラノサイトは肌が紫外線による刺激を受けることで活性化し、メラニン色素を作り出します。これは黒い色をしたメラニン色素によって紫外線を吸収し、肌を守ろうとする防御反応なんです。

 

だからメラニン色素が作られるということは体にとっては決して悪いことではないんですね。

 

事実、肌のターンオーバーが正常にできていれば、メラニン色素は細胞(アカ)とともにはがれ落ちていきます。

 

ターンオーバーの乱れがシミを作る!

 

しかし強い紫外線を浴び続けると、メラノサイトが傷ついてしまいます。するとメラノサイトが暴走をはじめて、メラニン色素を過剰に作り出してしまうのです。

 

こうなるとメラニン色素を体外に排出しきることができなくなり、体内に残ってしまったメラニン色素の部分がシミとなるわけなんですね。

 

また紫外線によるストレスはターンオーバーの周期の乱れも引き起こし、肌の新陳代謝を滞らせます。当然、メラニン色素の排出も滞ることになり、色素沈着が進んでシミになってしまいます。

 

年齢を重ねるとシミができやすくなるのも、加齢によってターンオーバーの周期が遅くなり、肌の新陳代謝が下がってしまうからなんですよ。

 

活性酸素もメラノサイトを活性化させる!

 

強い酸化力で体を酸化させる(サビつかせる)作用を持つ活性酸素も、メラノサイトを活性化させてメラニン色素の生成を促す原因になります。

 

活性酸素は紫外線そのものによって作られるほか、睡眠不足やストレス、喫煙、激しい運動などで発生します。

 

シミのない美肌のためには、紫外線予防の他にも生活全般を見直すことが必要だと言えますね。

太陽と女性

人気の日焼け止めサプリBEST5とは? トップページへ

関連ページ

ニュートロックスサンってどんなもの?副作用は大丈夫?
飲む日焼け止めの主成分であるニュートロックスサンとはどのようなものなのか、副作用はないのかという点についてわかりやすくまとめました。
ヘリオケアと日本製の飲む日焼け止めサプリとの違いって何?
飲む日焼け止めの先駆けであるヘリオケアと日本製の飲む日焼け止めサプリメントの違いについてわかりやすくまとめました。
紫外線を浴びると肌に発生する活性酸素って何?
最近よく聞くようになった活性酸素という言葉。紫外線を浴びると発生して肌に悪影響を与える活性酸素についてわかりやすくまとめました。
肌のターンオーバーって何?乱れる原因は?
肌のターンオーバーとはどういうものなのか?肌の構造、ターンオーバーの仕組み、ターンオーバーが乱れる原因などについてわかりやすくまとめました。
シワやタルミは老化現象?紫外線も影響するの?
シミやタルミができるのはなぜなのか?紫外線が悪影響を与えるというのはどういうことなのか?わかりやすくまとめました。
紫外線を浴びて肌が日焼けする仕組みを教えて!
日焼けには肌が赤くなるものと黒くなるものの2種類があります。それぞれの日焼けはどんなふうに起こるのか、また紫外線を浴びることで日焼けが起きる仕組みとどんなものなのか、わかりやすくまとめました。
うっかり日焼けをしてしまった時の対処法を教えて!
ビーチでついうっかり寝てしまって肌がひどい日焼けをしてしまった…。そんなときの対処法をご紹介します。
毎日の正しいスキンケアの方法を教えて!
毎日のスキンケア(クレンジング・洗顔・保湿)に必要なアイテムの選び方と、クレンジング・洗顔・保湿それぞれの正しい行い方をご紹介します。
体の内側から美肌を目指す生活習慣って?
美容と健康を保つためには適切な「睡眠」「食事」「運動」が必要です。体の内側から美肌を目指すための生活習慣について、わかりやすくまとめました。